男の人

複雑な取引方法がある株式投資|初心者でもすぐに始められる方法とは

まずは目標を立てよう

地図

株式投資の初心者の中には、漠然と「大きな利益を得たい」と考えている人も少なからずいます。しかし、これは初心者にありがちな大きな過ちです。初心者が、まずやらなければいけないことは目標設定です。どれくらいの利益をいつまでに欲しいのか、ということをしっかりと決めておきましょう。この目標が決まると、自然と投資対象も決まってきます。例えば、1000万円を元手にして10年かけて1200万円にしたいと考えているのであれば、単純年利回りは2%となります。この程度の利回りであれば、無理な投資をしなくても株式配当金だけもらっていても達成が可能です。業績が安定しており、配当に大きな変動がない銘柄がねらい目となります。一方、5年で1200万円にしたいというのであれば、株式配当金だけでは達成が難しくなります。資金の一部をキャピタルゲインが狙えるような成長期待銘柄に投資しておくことも重要になってきます。このように目標によって運用手段が変わってくるのです。あまりに高い目標を立てると、リスクも積極的に取りにいかなければならなくなるので気をつけましょう。株式投資初心者の中には、投機と投資の違いを分かっていない人も多くいます。投資は企業の成長を期待しながら、その果実を企業と共に分かち合うというイメージです。銘柄の選別に悩むようであれば、日々の生活の中で気になる商品やサービスを取り扱っている企業をピックアップしていくとよいです。